自動運転は東京オリンピックに向け、キーになる技術

自動運転技術

自動運転はこれから日本の自動車産業を牽引する大きな木日になっていきます。
今年度開かれたサミットにも自動運転の技術を日本の政府が世界のVIPに対して披露する場がありました。
特にこれから日本の自動車産業は新たな局面を迎えようとしています。

自動運転技術は世界各国でその研究が進んでいますが、完全な自動運転を実現するタイミングが日本の自動車産業、もしくはIT企業や電機メーカーが主導権を握っているかどうかで非常に大きなターニングポイントになると考えられます。

そして大きな柱となるのが2020年の東京オリンピックです。
自動車メーカーも自らの力だけではなくIT産業や関連企業の力を借りて、自動車のハード面だけではなくインフラ面での開発を進めているのが今の現状です。

日本の自動運転の技術は自動車メーカーは先行していますが、AI、IOTの開発に関してはお世辞にも世界より進んでいるとはいえません。
政府は大学が主導して大きな道筋をつけていかなければ、イニシアチブを将来に入れるかどうか怪しいのではないでしょうか。
逆に、現在有力な企業ではなくとも将来向けてのノウハウを持っていれば株価の上昇も見込めるはずです。

参考:自動運転技術(トヨタ自動車)