株を売るタイミングを見極める

株を買う目的は人によって違いがありますが、多くの人は「株で儲けたい」と思って買うのではないでしょうか。
つまり株を買う殆ど人は売買による利益を目的に投資しているため、一旦保有した株は投資スタイルによって期間の違いはあるものの、いずれは売却して利益や損失を確定させることになります。

そこで重要なカギを握るのが売るタイミングで、いつ売るかによって利益が出るかどうかは変わってきます。このサイトではチャート分析を中心に、株を売るベストなタイミングを探っていきたいと思います。

sg1

grp株は買ったら売り時を考えよう

株を買うときは誰もが「どのタイミングで買うか」に意識が集中させます。そして思い通りの株価で購入できたら、次に考えなければいけないのが売り時です。

株を売るタイミングは大きく分けると二つのパターンに分類されます。
ひとつは買った株価より大きく値上がりし、思い通りの利益が出た状態で売る利食い。いわゆる株を買ったときの成功パターンがこの利食いです。

株は買った値段より値上がりしても売らなければ利益は確定しないので、この利食いをするタイミングも購入時に決めておかなければなりません。

二つ目は思惑が外れて株価が大きく下がってしまい、含み損を抱えた状態で仕方なく売る損切り。こちらは株を買ったときの失敗パターンとなります。

株を買って含み損を抱えていても売らなければ損失は確定しませんが、売れずに持ち続けていることで資金が固定されてしまい、新しい投資ができなくなるので、効率の良い投資を行うには損切りが必要になってきます。

grp重要なのは利食いより損切りのタイミング

利食いも損切りもタイミング良く行うことが成功の鍵になるのですが、投資において重視されるのは損切りを冷静に行うことです。
利食いの場合、タイミングによって得られる利益に幅があるものの、利益が乗っているうちはプラスであることに変わりはありません。よって多少タイミングを間違えても致命的なダメージは受けません。

しかし、損切りはタイミングを逃すと株価が下がり続け、損失が大きくなってしまうリスクがあります。そうなると「株価が少しでも回復してから売りたい」という気持ちになることから、株を売ることができなくなる塩漬け株になってしまうのです。

sg2

grp塩漬け株は投資で一番やってはいけない方法

塩漬け株は株価が買値より下がった状態で持ち続けることをいいます。投資家の心理としては「いつか株価が上がるだろう」という気持ちで株価回復を待つのですが、この「株価が上がる」という予測には何の根拠もないことが多いです。

むしろ時間が経つとともにジリジリ株価が下がっていく可能性もあるため、株価が予想に反して下がったときは潔く負けを認めて損切りし、
資金を次の投資に回すことが上手に資金を回すコツです。

塩漬け株を作らないためには損切りラインで逆指値をしておき、
そのラインまで株価が下がったら自動的に売るように設定しておきましょう。

grpリスク管理が徹底できるSBI証券

SBI証券は少額取引における売買手数料が安いことが特徴で、30万円以下の株式売買手数料は大手証券会社の中では最安であるため、
少額の売買を中心とした株式運用を目的とする方にとっては非常に適した証券会社であると言えます。

取引ツールとしてはHYPER SBIを条件を満たせば無料で利用することが可能です。HYPER SBIは国内株式のみならず、先物やオプション取引の発注機能が搭載されており、幅広いトレードを行えます。
また、ダブルクリックだけで発注ができるといったスピード注文機能も効果的であり、秒単位のスピードが求められるデイトレードではその性能が遺憾なく発揮されます。パソコン上だけでなく、スマホやタブレットに対応したアプリも無料で利用することが可能です。

注文機能が多彩であることもSBI証券の大きな特徴として挙げられます。指値注文は当然ですが、設定した値よりも上がった際に自動的に買い注文を行ったり、反対に指定した値を下回った際に自動的に売り注文が行える逆指値注文では、ずっと画面を見続けていなくても自動的にリスクを排除してくれるメリットがあり、急な来客時やザラ場中に外出が必要になった際にも重宝します。

参考サイト:SBI証券